Yahoo!ニュース - トピックス

最新のヤフーニュースをお届けします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

豆腐・納豆食べる人 肺がんリスク減ります たばこ吸わない男性 厚労省調査

豆腐・納豆食べる人 肺がんリスク減ります たばこ吸わない男性 厚労省調査
2月5日15時27分配信 産経新聞

 たばこを吸わない男性では、豆腐や納豆などの大豆食品に含まれるイソフラボンの摂取量が多い人が肺がんになるリスクは、摂取量が少ない人の半分以下だとの研究結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)がまとめ、5日公表した。

 研究班は岩手、秋田など8県に住む45~74歳の男女約7万6千人を平均約11年間、追跡調査。男性481人、女性178人が肺がんになった。食事内容のアンケートからイソフラボンの摂取量を算出し、男女をそれぞれ4グループに分け、肺がんの発症率を比較した。

 男性のうち、非喫煙者では、イソフラボン摂取量が最も多いグループ(豆腐換算で1日約203グラム)の発症率は、最も少ないグループ(同約37グラム)の43%だった。男性全体では関連は出なかった。喫煙の影響があまりに大きいためとみられる。豆腐1丁は300~400グラム程度とされる。女性でも、統計学的に意味のある差はなかったが、同様の傾向だった。

 研究班によると、肺がんと女性ホルモンの関係を指摘する報告があり、女性ホルモンと構造が似ているイソフラボンの摂取が肺がん発症に影響するか注目され、今回と同じようにイソフラボンの摂取で肺がんリスクが下がることを示唆する海外の報告があるという。

 ただ同センター予防研究部の島津太一研究員は「肺がんの最大の原因はやはりたばこだ」と話している。


・ 大豆製品で肺がんリスク減=非喫煙男性の場合-厚労省研究班 - 時事通信(2月5日)

◇厚生労働省研究班の発表
・ イソフラボン摂取と肺がんとの関連について - 国立がんセンターがん予防・検診研究センター 予防研究部(2月5日)

◇大豆(イソフラボン)の効果
・ 大豆製品・みそ汁・イソフラボンに関連した成果 - 肝がんや大腸がんに関する研究も。国立がんセンターがん予防・検診研究センター 予防研究部
・ 乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果 - 産経新聞(1月28日)

・ 大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A - イソフラボンとは何かから適切な摂取方法まで解説。食品安全委員会

◇大豆食品を使ったレシピ
・ 豆腐 | 納豆 - クックパッド
・ 豆腐 | 納豆 - Yahoo!グルメ
・ 豆腐 | 納豆 - みんなのきょうの料理

◇がんの発生原因や予防
・ がんの発生原因 - 喫煙や食生活とのかかわりも。がん情報サービス
・ 日本人のためのがん予防法 - がん情報サービス
ニュース
【中医協】がん診療の地域連携で「計画策定料」など新設へ(医療介護CBニュース)5日 - 22時17分
豆腐・納豆食べる人 肺がんリスク減ります たばこ吸わない男性 厚労省調査(産経新聞)5日 - 15時27分
「干物好き」がんにご注意 厚労省研究結果(産経新聞)4日 - 15時24分
白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待-金沢大(時事通信)4日 - 3時30分
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設(医療介護CBニュース)1月29日 - 21時7分
ジェムザールの乳がん適応追加を承認へ―厚労省(医療介護CBニュース)1月28日 - 22時45分
がん治療用ワクチンの製造販売で大塚製薬と契約―扶桑薬品工業(医療介護CBニュース)1月28日 - 18時25分
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果(産経新聞)1月28日 - 8時1分
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果(産経新聞)1月28日 - 7時56分
台湾大 アジア初の動物がん医学研究センター (毎日新聞)1月25日 - 14時20分
一覧
無料応募で新型プリウス当たる!clget.jp人気の家電&JTB旅行券も♪液晶TVレグザで恋愛映画を観よう♪無料応募⇒JTB旅行券GET♪attack-c.jp応募方法は超簡単♪JTB旅行券を当ててアメリカ旅行を楽しもう♪なろう!心理カウンセラーwww.therapy.jp世界最先端のカリキュラムであなたの夢応援します。資料請求はコチラインタレストマッチ - 広告の掲載について
▲ページの先頭へ関連情報関連情報を編集するには?制作ノート編集センター ※ここより下は、メディア関係者と読者が作るガイドコンテンツです。   表示方法: 標準全部
情報・研究
AFPBB News
国立がんセンターがん情報サービス - 病気の解説や予防、検査、治療について。支援制度、統計、病院紹介なども。
がん研究振興財団 - やさしいがんの知識。症状の解説も。
がん - がんが発生するメカニズムから基礎情報を始め、初期症状や予防法、治療法、緩和ケアなど癌に関する情報を紹介。All About
がんの痛みネット - 緩和ケア情報など。
がんナビ - ニュースや研究レポートなど。
世界のがん研究 記事 - AFPBB News
基本知識タバコと食生活が原因の65%をしめると言われる。肥満によるホルモンバランスの崩れも要因となり、日ごろのビタミンや食物繊維の摂取が予防効果を示す。(がん(癌) - ヘルシーショップハイブ)
がんはその発生母地、組織の形態などから分類され、臓器の表面を覆う上皮細胞に由来するがん腫(胃がん、大腸がん等)と、組織の構造を支える間質細胞などに由来する肉腫(骨肉腫、リンパ腫等)に大別される。がん腫と肉腫の比は9:1で圧倒的にがん腫が多い。
kotobank
たばこに関する詳細は関連トピック「たばこ」を参照
続きを見る
「第一次予防」と「第二次予防」予防対策にはがんの発生を防ぐ「第一次予防」と早期発見・早期治療の「第二次予防」があるとされている。
第一次予防、がんの発生を防ぐ第一次予防として重要なのは、生活習慣からがんの原因を遠ざけるようにすること。
国立がんセンタ-からは、「がん予防12か条」が提唱されており、日常生活におけるがん予防のための指針となっている。
がんを防ぐための12ヵ条 - 国立がんセンター
1) バランスのとれた栄養をとる。2) 毎日、変化のある食生活。3) 食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに。4) お酒はほどほどに。5) タバコはなるべくやめる。6) 食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多くとる。7) 塩辛いものは少なめに、熱いものはさましてから食べる。8) こげた部分はさける。9) 「かび」の生えたものには注意する。10) 日光に当たりすぎない。11) 適度にスポ-ツをする。12) 体を清潔に保つ。
参照:保険市場「がん予防12か条」

がん対策、普段は何をしています? トップは食事で「焦げた部分は避ける」 - Garbagenews.com(2009年11月3日)
予防薬がんになりやすい体質の人が発病を防ぐための薬で、西洋医学ではあまり実用化されていないが、制がん薬は副作用が大きく、遺伝子治療は一般的ではないことから、予防薬の研究も進んでいる(kotobank)。
肉食とがんの関係炭火焼ステーキ1キログラムには600本のタバコに含まれているのと同量のベンゾピレン(強力な発癌物質)が含まれる。また、ベジタリアンの免疫システムは肉食の人よりも強く、ある研究では、キラー細胞(がん細胞を芽のうちに摘み取る細胞)が全く同数なのに、肉食の人の2倍の強さを持つことが示された(ガンと肉食 肉食は百害あって一利なし)。
飲酒とがんの関係飲酒とがんの関係を調べた研究によると、酒が通過する部位(口腔、喉頭、咽頭、食道)や酒を分解する肝臓でがんが発生しやすい。アルコールが分解される過程で出てくるアセトアルデヒドは、発がん性を持つと考えられている(All About 「オトナなら知っておきたいお酒とがんの関係」(2008年1月15日))。
乳がん大豆製品と乳酸菌で乳がんが予防できる可能性最近の調査結果で、10~40代で大豆製品や乳酸菌を含む飲料を頻繁に取っていた女性は、その後の乳がん発症の危険性が低かったという報告が(『サンアントニオ乳がんシンポジウム 2009』)。乳酸菌は発癌リスクを減らしたりがん予防に働くことが期待されており、ヨーロッパやアメリカでは、乳がん、大腸がん、膵がんなどの発症予防に役立つという報告もある(All About「女性の健康」ガイド記事「大豆製品と乳酸菌で乳がんが予防できる?」(2009年12月23日))。 早期発見1センチのがんが10センチになるまでには2、3年しかかからないため、早期がん(杏林大学「がんの発生と進行」)を発見できる時間は1~2年で、検診を1~2年ごとに受ける必要があるとされる(がん検診 企業アクション)。
乳がん年代別乳がん検診のポイントピンクリボンキャンペーン2009「年代別、乳がん検診」によるとポイントは以下の通り。

20代:乳房の状態と今後のリスクを知る
30代:年1回、超音波検査を組み合わせるとベスト
40代:年1回、マンモグラフィと超音波がおすすめ
50代:閉経前後も忘れずに年1回の検診を
60代:2年に1回、マンモグラフィ検査を
またセルフチェックの方法(動画あり)では触診や見た目からのチェックを紹介。

乳癌がもたらしてくれたもの(1)-(13) - 乳がん発見から手術、退院までの体験記。PJニュース(2006年9月14日-9月28日)
ピンクリボン運動乳がん検診の呼びかけや啓発運動を行うため、ピンク色のアイテム等を使って毎年10月1日に行われている活動。企業や自治体などが多く参加している。

J.POSH2(日本乳がんピンクリボン運動)
ピンクリボン特集2009 - Yahoo! JAPAN
ピンクリボンキャンペーン2009 - goo
ピンク色に染まった宮崎県庁 - PJニュース(2009年10月2日)
大きなピンクブラにドッキリ! 乳がん検診啓蒙の一環 - PJニュース(2009年9月25日)
がんの早期発見を可能にする3つの心構え年に1回の定期健診を受ける健康診断の結果を判読する医師にとって、昨年や一昨年の検査結果と比較し、その推移を見ることは非常に有益な情報になる。
続きを見る
治療方法抗体療法手術、放射線療法、化学療法(抗がん剤投与)に続く第4のがん治療選択肢として近年、話題になっているのが抗体療法。現在、日本では乳がん、悪性リンパ腫、大腸がんなどの治療に、抗体療法が採用され、一定の成果を挙げている。この治療法の中心的な役割を担っているのが抗体医薬。
All About「抗体医薬」ガイド記事「いま注目を集める抗体医薬とは」

免疫について学んでみよう - 抗体療法の基礎となる免疫について。All About(2010年2月1日)
抗体医薬品はどのように作っているの? - 抗体医薬品が作られる過程。All About(2010年2月1日)
免疫を利用した医療の歴史 - 抗体療法のような、免疫を使って医療法の歴史。All About(2010年2月1日)
抗がん剤
抗がん剤治療とは
簡単に言うと、抗がん剤はがん細胞を死滅させる薬。「DNAが増えないよう細胞に直接作用するタイプ」「がん細胞の増殖に必要な色々な酵素やレセプターに働きかけるタイプ」「がん細胞への免疫による攻撃を強化するタイプ」の3つに分類できる。(All About「抗がん剤治療」ガイド記事「主な抗がん剤の種類」)
最近の抗がん剤の目的
1990年代から多くの新規抗がん剤が開発・発売され、抗がん剤治療の新しい方法が組み合わされるように。さらには、抗がん剤の副作用を軽減するための取り組みが効果を上げ始め、副作用のリスクからそれまで敬遠されてきた手術前の抗がん剤治療や、放射線治療との併用療法も行われるようになってきた。(All About「抗がん剤治療」ガイド記事「抗がん剤治療の目的・費用」)
抗がん剤治療の認定制度 -kotobank
抗がん剤の副作用
抗がん剤の種類によって異なるが代表的な副作用は、脱毛、汎血球減少(はんけっきゅうげんしょう)、吐き気・嘔吐の3つ。(All About「抗がん剤治療」ガイド記事「抗がん剤治療の副作用・対策法」)
がん治療で「サイバーナイフ」適用範囲拡大2008年6月、がんの放射線治療装置「サイバーナイフII」の適用拡大を厚生労働省が承認したため、これまで頭部と頸部の腫瘍だけに限られていたこの装置による治療が、脊髄、肺、肝臓、膵臓、前立腺、腎臓などを含めたすべての体幹部腫瘍の治療に使用されることとなった。
サイバーナイフとは続きを見る
政府の取組がん対策基本法がん対策に関しての基本理念を定め、国・地方公共団体・医療保険者・国民・医師等の責務を明らかにし、がん対策を総合的かつ計画的に推進することを目的とする法律。2006(平成18)年に成立。
「がんの克服を目指し、がんに関する専門的、学際的又は総合的な研究を推進するとともに、がんの予防、診断、治療等に係る技術の向上その他の研究等の成果を普及し、活用し、及び発展させること」を基本理念の一つとし、がん研究を推進する施策を講じる(18条)としている。

がん対策基本法(平成18年法律第98号) - 法律の条文。法なび法令検索
がん対策推進基本計画がん死亡率の「今後10年間で20%減少」と「がん患者・家族の苦痛の軽減、療養生活の質の維持向上」を全体目標としている(kotobank)

がん対策推進基本計画の策定について - 厚生労働省(2007年6月15日)
がん対策推進基本計画 | 概要(PDFファイル)
統計グラフ
がん患者数が6年で23万人増!今の備えで安心できる? - 厚生労働省発表の、がん患者数の最新データ。All About(2009年12月15日)
がんの部位別死亡者数・死亡率 - 人口動態統計データ。男は胃がんを抜いて肺がんが断然トップ。女は大腸がん、胃がん、肺がんがトップ3。社会実情データ図録
がんの治療成績の推移 | がんの発見時進行度別5年生存率の推移 - 大阪府成人病センター・データ。社会実情データ図録
がん5年生存率の国際比較グラフ - OECDデータ。社会実情データ図録
がん治療に関する調査研究
肺がん発見後の禁煙に効果あり、英バーミンガム大調査 - AFPBB News(2010年1月22日)
有酸素運動の習慣でがん死亡リスク軽減 - AFPBB News(2009年7月28日)
コラム
女性の乳がん検診、ハードルは「費用」 - Garbagenews.com(2009年10月1日)
乳がん検診に行かない理由 - G-Search sideBコラム(2009年2月26日)
「胃がん予防のためのピロリ除菌療法」と、先端的検診法の現状を追う(上)|(中)|(下) - PJニュース(2009年1月7日-1月9日)
関連トピックス
医療
▲関連情報の先頭へ
スポンサーサイト
  1. 2010/02/06(土) 03:43:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

記憶力の向上にはバラの香りが有効=独調査

記憶力の向上にはバラの香りが有効=独調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000468-reu-ent
[ワシントン 8日 ロイター] 独リューベック大学の研究チームが行った調査では、記憶力の向上にバラの香りが有効であることが分かった。8日発行の学術誌「サイエンス」に調査結果が掲載された。  調査は74人の被験者を対象に実施。トランプの神経衰弱と同様のルールのカードゲームを使い、一部の被験者だけにバラの香りを嗅がせることで、記憶力への影響を調べた。  また被験者らはゲーム終了後、磁気共鳴画像診断(MRI)装置の中で眠り、睡眠中の脳の働きも分析された。  翌日に同じカードゲームを実施したところ、バラの香りを嗅いだグループの正解率は97.2%だったのに対し、嗅がなかったグループの正解率は86%となった。  またMRI装置を使った分析では、バラの香りを嗅いだ被験者の脳で、記憶をつかさどる海馬部分が活発になっていたことも明らかになった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2007/03/10(土) 17:30:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。